お役立ち情報▲屮薀奪轡鵐阿砲弔い✨


こんにちは。ペットホテル立川です(*μ_μ)




今回はブラッシングのやり方、頻度、

そして必要性についてお話ししたいと

思います。



みなさんはブラッシングは

どれくらいの頻度でやっていますか?



犬種や毛の長さによっても変わってくる

と思います。





まず、なぜ必要か。



ひとつは、汚れや、抜け毛、


長毛犬種については毛玉防止のためです。


トリミングでご来店いただくわんちゃん

に多いのが、


“毛先のみ”にブラシが通っていて、

“根本”までブラシが届いていない


…これがほとんどです。



ブラッシング、と言ってもただブラシを

かければいい



、、、ということではありません(×_×)



大切なのは「根本」。


ここがほぐれていないと、毛玉の原因に

なってしまいます。



毛玉は基本、根本に出来ます。



また、ブラッシングのやり方として、

いきなり根本から始めてはいけません。


もし、毛玉が出来ていたとき、

根本からやってしまえば毛を


思いっきり引っ張ってしまうことになり、

わんちゃんも痛い思いをしてしまいます。



根本から始めていけないのはこのため。




まずは「毛先」から。


スリッカーブラシが基本ですが、


長毛犬種についてはコームがあると

綺麗に仕上がりますよ(*^^*)



短毛犬種については、スリッカーブラシで


毛先からを意識しながら徐々に根本に。


毛をかき分けてやると


より綺麗に仕上がりますよ。



長毛犬種については、スリッカーブラシで

毛先からブラッシング後、


次はコームでとかしてあげてください。



なぜかと言うと、スリッカーブラシだけでは

細かいもつれまで届きません。



また、細い、繊細な毛質の犬種については

コームでなければほぐせません。


コームで毛先から中間、根本


この順番を守るだけでもかなり

仕上がりが違ってきますよ!



頻度に関しては、短毛犬種は毎日

やらなくてもOKですが、最低でも


1週間に3回程度はおすすめします。


短毛犬種については汚れや、抜け毛を

防ぐためです。



長毛犬種は毎日のブラッシングを

おすすめしています。



短毛種同様、汚れや、抜け毛はもちろん



毛玉防止のためです。



長毛犬種は動く度に毛が擦れあうので、

すぐに毛玉が出来てしまいます。



お散歩後のブラッシングがおすすめですね。



また、都合上どうしてもブラッシングの

お時間がとれないというお客様に関しては、



トリミングでスッキリ短くしてもらっても

いいでしょう。



何かご質問、お悩み、分からないことが


あればドシドシご質問受付していますので

お気軽にご相談ください\(^.^)/



それでは、




失礼します(о´∀`о)ノ





ありがとうございました!!




コメント