お役立ち情報^っ張りグセについて

 

 

 


こんにちは。ペットホテル立川
です(*μ_μ)

今回は飼い主さんの
お悩みのなかでも
上位にある「引っ張りグセ」
について
お話します。

愛犬がリードを
引っ張っているとき、
多くの飼い主さんは
愛犬の気持ちを
第一に優先しているように思います。

愛犬想いで素敵な飼い主さん
だなと
いつも微笑ましいです…

 

 

ですが、この
”愛犬の気持ち第一“が
引っ張りグセ、歩かない、
立ち止まる…
こういった行動を助長している
事があります。

歩かないからと、
飼い主さんまで
立ち止まってしまえば
ワンちゃんが
歩かないのも当然。

 

 

ますます歩かなくなる
でしょう。
 

 

この場合、どのような
行動をとれば
良いとみなさんは思いますか?

ホテルで実践しているのは、
歩くことを拒否、あるいは立ち止まっても

 

 

 

※そのまま”構わず進む“
ことです。
たったこれだけ。

引っ張りグセに関しては、
そもそも
リードの持ち方が違っている飼い主さんが多く
見受けられます。

これも飼い主さんの
“自由に動けた方が
いいよね”…
という愛犬想いからくる
問題…(×_×)

 

 

 

 

※基本リードは短く持つ。
引っ張ったら強く
引き戻すこと。

 

 

 

またはしつけ用の首輪を
活用しても
改善されます。

大型犬に関してはお尻を
ちょこんと
叩いてみる。

 

 

これは人間でいう
膝カックンです( *´艸`)

 

 

 

またはコマンドを
覚えさせるのが
一番いいでしょ。

 

 

 

 

飼い主さんより前に出たら、
引戻し、“ゆっくり”と言う。

 

 

 

 

 

※中途半端な声の出し方は
まったく
効き目がありませんよ
強く、しっかりした口調で。
 

 

愛犬の気持ちももちろん
大事ですが、
一番大事なのは、
基本人間のペースに
合わせることです。
調子が悪かったりしたらそれは別ですが。

例えば、飛びつきに関して。

 

“嬉しいのね”なんて
同情してたら、
もし小さなお子さんにでもやってしまえば大事になるかもしれませんよね。

 

 

欲求に答えすぎてもワガママの原因に
つながります。

 

 

 

適度に答え、適度に
無視すること。

多くの飼い主さんの
参考になれば
嬉しい限りです!

 

 

 

 

お悩みがあればお気軽に
コメントして
くださいね。
 

 

それでは(о´∀`о)ノ
 

コメント